トップ > 研究推進機能 > プロジェクト研究活動

次世代センシングシステム研究所

平成10年度~18年度にわたり、文部科学省「ハイテク・リサーチ・センター整備事業」でプロジェクト研究を行ってきた次世代センシングシステムに関する技術成果を継承し、平成19年4月より研究所を発足し研究開発に取り組んでいる。
[所長:ホームエレクトロニクス開発学科 教授 黄 啓新]

・第1研究室

環境と健康に関する化学的・生物的センシングシステムの開発
(研究代表者:応用バイオ科学科 教授 斎藤 貴)

研究課題担当
人の健康に関わる生体関連物質の検出システムの開発 応用化学科 教授 斎藤 貴
高感度分光法を利用した人体に有害な物質の検出方法の開発 応用化学科 教授 川嶋良章
アロステリック酵素を用いたエフェクターのフローインジェクション計測 応用化学科 教授 佐藤生男
生体関連アミノ化合物の酵素法による高感度分析に関する研究 -プトレッシンオキシダーゼの遺伝子クローニングとセンシングへの応用- 応用バイオ科学科 准教授 山村 晃
食嗜好制御を目的とした食品フレーバー成分のメタボローム技術に基づく食品品質評価法の開発と応用 栄養生命科学科 教授 飯島 陽子

・第2研究室

次世代センシングデバイスおよび応用システムの研究開発
(研究代表者:ホームエレクトロニクス開発学科 教授 黄 啓新)

研究課題担当
複合機能センサーモジュール・異種薄膜材料ボンディング ホームエレクトロニクス開発学科 教授 黄 啓新
医療画像処理・診断支援機能 電気電子情報工学科 教授 武尾 英哉
炭素系電子デバイス・ガスセンサー 電気電子情報工学科 准教授 工藤 嗣友
センサーネットワークと融合したハード技術Webサービス ホームエレクトロニクス開発学科 教授 一色 正男

健康福祉支援開発センター

「健康福祉支援開発センター」は、健康の維持増進や自立生活支援のためのセンシングシステムを核とした研究開発を目的として発足した。健康の維持増進のための科学的評価に基づいた運動実践と各種センシング技術を活用した福祉ロボット・生活支援機器の研究開発に取り組んでいる。
[センター長:ロボット・メカトロニクス学科 教授 高橋勝美]

研究課題担当
維持増進システムの開発 ロボット・メカトロニクス学科 教授 兵頭 和人
人間に対して追従・誘導・並走を行う移動ロボットの開発 ロボット・メカトロニクス学科 准教授 吉留 忠志
感情伝達の促進を目指したコミュニケーション補助ツールの開発 臨床工学科 教授 松田 康広
情動センシングシステムの開発 臨床工学科 教授 磯村 恒
高齢者生活支援機器のマルチモーダルインタフェースに関する研究 ロボット・メカトロニクス学科 教授 河原崎徳之
パワーアシスト・マスタースレーブのための筋電位センサを用いたコントローラーの開発 ロボット・メカトロニクス学科 准教授 吉満 俊拓
身に着けるセンサによる行動・身体動作の計測技術の開発 臨床工学科 准教授 大瀧 保明

先進太陽エネルギー利用研究所

平成19年度~23年度まで文部科学省「ハイテク・リサーチ・センター整備事業」のもとで取り組んできた太陽エネルギー利用に関する課題をさらに実用化へ近づけるべく組織を改め研究開発に取り組んでいる。現在非常に重大な問題になっている地球環境エネルギー問題について、太陽光・熱エネルギーの革新的な利用システムの研究開発を推進するとともに、国内有数の太陽エネルギー研究開発拠点として設備と組織をさらに整え、内外の研究組織、行政、企業、市民などと協力して地球環境エネルギー問題に取り組んでいくことを目的としている。
[所長:機械工学科 教授 川島豪]

「先進太陽エネルギー利用システムの研究」

研究内容担当
1.太陽光発電システムの新型最大電力点追従制御(MPPT)の研究開発
2.太陽電池モジュールのホットスポットに関する研究
3.太陽光発電システムのリアルタイム監視システムに関する研究
4.燃料電池の高効率制御に関する研究
電気電子情報工学科 教授 板子 一隆
1.小型水素発生装置の研究・開発
2.両面受光型太陽電池の出力特性に関する研究
3.エコキュート用新冷媒の研究・開発
4.水素エネルギーの実用化に関する研究
機械工学科 准教授 矢田 直之
1.植物油で走行する電気自動車の開発研究
2.超小型燃料電池電気自動車の開発研究
自動車システム開発工学科 教授 高橋 良彦
1.間歇充電式新電気バスシステムに関する研究開発
2.太陽エネルギーを利用した通学用電動バイクに関する研究
3.上部集熱式サーモサイホンの制御に関する研究
機械工学科 教授 川島 豪
1.電力需給情報収集プラットフォームと 見える化 に関する研究開発
2.スマートキャンパス実現に向けた電力使用最適化に関する研究
情報工学科 教授 田中 博
1.太陽電池セルのEL検査による分析に関する研究
2.太陽電池モジュールのホットスポットに関する研究
電気電子情報工学科 准教授 工藤 嗣友
1.Solar EVの開発研究
2.分散型MPPTによる最大電力点追従制御に関する研究
3.上部集熱式サーモサイホンのPV制御に関する研究
自動車システム開発工学科 准教授 藤澤 徹
1.自立飛翔体による太陽光パネル面のホットスポットの特定手法の開発
2.降雪環境下での太陽エネルギー利用の高効率化
機械工学科 教授 木村 茂雄

環境化学技術研究所

環境技術開発センターは平成16年度~20年度にわたり、文部科学省「ハイテク・リサーチ・センター整備事業」として「重金属、VOCなどによる土壌・地下水汚染対策技術の研究開発」を行ってきた。さらに、平成21年より研究成果を継承し、新規研究テーマを取り入れるなど体制を整えて研究開発に取り組んできた。平成24年には「環境キャラクタリゼーション」「環境質制御」「環境素材開発」の3研究室からなる環境化学技術研究所として①地域汚染の早期発見を可能とし、②汚染物質、汚染状況にあわせた最適な除去方法の選択を伴う、③除去処理後に有害二次生成物を排出しないゼロエミッション型の総合的な環境浄化システムの構築を目指している。
[所長:応用化学科 教授 高村岳樹]

研究内容担当
環境汚染物質の新規毒性評価方法の開発 応用化学科 教授 高村 岳樹
有害有機化合物を処理対象とした環境浄化材料の開発:ポリ乳酸/酸化鉄/ヒドロキシアパタイト並びにポリイミド/ヒドロキシアパタイト複合体の調製 応用化学科 教授 三枝 康男
完全酸化型光触媒の開発 応用化学科 教授 伊熊 泰郎
土壌中の重金属を回収するリュース型バルク状吸着材料および新しい電極の開発 応用化学科 准教授 竹本 稔
化学ループ利用による環境対応型プロセスの研究 応用化学科 准教授 大庭 武泰

ヒューマンメディア研究センター

ヒューマンメディア研究センターでは、「立体表現メディア技術」、「仮想空間入出力メディア技術」、「感覚協調メディア技術」などの次世代ヒューマンメディア技術の基礎・基盤技術、応用技術、ヒューマンファクタを研究テーマとしている。特に、仮想空間を用いた学習・訓練コンテンツの提案を目指して、コンテンツの作成、入出力技術の開発、効果の評価を継続して行っている。
[センター長:情報ネットワーク・コミュニケーション学科 教授 井上哲理]

研究課題担当
全体統括、仮想空間での評価 情報ネットワーク・コミュニケーション学科 教授 井上 哲理
3次元コンテンツ提示法の研究 情報メディア学科 教授 谷中 一寿
3DCGコンテンツ作成法の研究 情報メディア学科 教授 服部 元史
3次元インタラクションの基礎研究 情報ネットワーク・コミュニケーション学科 教授 上平 員丈
仮想環境評価の脳機能面での基礎研究理 ロボット・メカトロニクス学科 准教授 高尾 秀伸
動作認識のヒューマンメディアへの応用研究 情報工学科 教授 田中 博
生体計測のヒューマンメディアへの応用研究 情報メディア学科 准教授 小島 一成
訓練コンテンツ作成法の研究 ロボット・メカトロニクス学科 教授 吉野 和芳
サウンド提示の感性への効果の研究 情報メディア学科 教授 西口 磯春
サウンドの空間認知への影響評価 情報メディア学科 准教授 黒川 真毅
ヒューマンメディアの管理栄養教育への応用 栄養生命科学科 教授 澤井 淳
栄養教育へのヒューマンメディアの応用 栄養生命科学科 准教授 原島 恵美子
ヒューマンメディア利用時のストレス評価 栄養生命科学科 准教授 澤井 明香

その他

セキュリティー研究センター センター長:情報ネットワーク・コミュニケーション学科 教授 岡崎 美蘭
・平成27年度 研究成果報告書(PDF:1.3MB)
・平成26年度 研究成果報告書(PDF:2.6MB)
・平成25年度 研究成果報告書(PDF:3.12MB)
・平成24年度 研究成果報告書(PDF:5.95MB)
・セキュリティー研究センターの研究成果報告書(学内限定ページ)
健康生命科学研究所 所長:応用バイオ科学科 教授 栗原 誠
・平成26年度 研究成果報告書(PDF:2.9MB)
生物有機科学研究所 所長:応用バイオ科学科 教授 清水 秀信
スマートハウス研究センター
センター長:ホームエレクトロニクス開発学科 教授 一色 正男
オリジナルサイト
バイオメディカル研究センター センター長:応用バイオ科学科 教授 小池 あゆみ
スマートロボティクス研究開発センター センター長:ロボット・メカトロニクス学科 教授 兵頭 和人
先端工学研究センター センター長:工学教育研究推進機構 教授 井藤 晴久
・平成27年度 研究成果報告書(PDF:8.6MB)
・平成26年度 研究成果報告書(PDF:59.9MB)
・平成25年度 研究成果報告書(PDF:25.9MB)
・平成24年度 研究成果報告書(PDF:78.8MB)
・先端工学研究センターの研究成果報告書(学内限定ページ)